ATMでの時間つぶし

たいていの人が金融機関にいちばんよく行く機会って、やっぱりATMですかね。時間帯によってはかなりの行列になっていることがあり、いっぱい人がいるのでしばらく観察しながら待っていることがあります。

先日ある銀行のATMの前で並んでいたら、後方でけっこうな大声で怒鳴っている人がいるんですよ。

チラッと見たら、高齢のご夫婦みたいで、旦那さんが奥さんらしき女性をさんざん怒鳴っているんですよ。
内容は大したことないんですけどね、旦那さんは「ATMの操作がよくわかんないから、お前がやってくれ」みたいな内容の会話でした。地声がやたら大きいので丸聞こえなんですが、なんで怒鳴る必要があるんでしょうね。

ほかにもいろんな人がいて、暇つぶしに人の観察してるとけっこう面白いもんです。

CMは本当です。”借りすぎにご用心”

私は20年間カカードローンに悩まされていました。
始まりは、一人暮らしで生活するために、マンションの敷金を消費者金融でかりた事が始まりでした。

その後、毎月1万円づつ返していました。
本当なら、1年や2年で終わる返済でした。

しかし、半年くらいして消費者金融の営業担当の女性から電話がかかってきました。
就職をして半年以上経ったと思うので、キャッシング出来る金額を増したという連絡でした。
今なら、収入と借りられる金額が決まっているので、”キャッシング枠が倍に増える”というなことはないと思います。

若かった私は、半年返済した分と増えたキャッシング枠の金額全てを引き出し、海外旅行にいきました。

もちろん、借りたお金はほとんど使ってしまいました。
1ヶ月後の返済期限に、返済金額をみて驚きました。

今までの倍以上お金を借りたから、返済金額も倍近く上がっていました。
それでも何とか返済できました。

恐ろしいのはその後です。
結構簡単にお金が借りられたので、困ったときはいつもカードローンで、お金を借りていました。
気がつくと、カードローンの返済が収入の半分以上になっていました。

3つの金融会社からカードローンを繰り返していました。

利子ばかりとられて、実際の元金の返金ができませんでした。
20年間もずっと返済し続けました。
5年前くらいから、一度に返す返済金額を増やし、ボーナスなども全て支払いにまわしました。
今はあと1社で終わりです。
カードローンの借りすぎはご用心です。